現在表示しているページ
ホーム > 診療科のご案内 > 整形外科

整形外科

診療日程表はこちら

診療内容

整形外科は四肢・体幹の運動器、感覚器の障害を治療する診療科です。具体的には脊椎・脊髄疾患、脊柱変形、関節疾患、骨・軟部腫瘍、手の障害、骨折・脱 臼、慢性関節リウマチ、骨粗鬆症などを治療対象としています。新病院には最新の設備が整い、整形外科の専門的治療ができるようになり、和歌山県立医科大学整形外科、救急集中治療部と連携して診療を行います。

対象疾患・症状

脊椎疾患(頚髄症、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など) 加齢による脊椎の変形などにより脊髄や神経の枝が圧迫されて、手足のしびれや筋力低下を起こす疾患です。各種ブロックなどの保存的治療をはじめ、神経の圧迫を和らげる除圧術や脊椎の不安定性を改善する脊柱固定術などの手術を行える環境が整いました。とくに、あらたに導入した脊椎の内視鏡下手術では小さな切開を加えるだけで安全に処置できるため、術後の疼痛が少なく数日で退院することが可能になります。

関節疾患

加齢に伴う変性によって引き起こされる変形性関節症に対しては、関節内注射などの保存的治療に抵抗する症例に人工関節を行います。膝関節、股関節に対する人工関節置換術は、成績が非常に安定しています。人工股関節は低侵襲人工股関節手術(MIS THA)を行うことで、術後の疼痛を少なくして、早期の回復が期待できます。

四肢の外傷

骨折、脱臼などの外傷は正確に診断し最適な治療をおこなえば、早期にリハビリテーションを開始することができます。特に高齢者の股関節周囲の骨折では、できるだけ早期に手術を行い、成績向上につとめています。

スタッフ紹介

整形外科では、わかりやすい説明を心がけ、最善の治療法をおすすめしていきたいと思います。スタッフ一同、市民の皆様に信頼していただけるよう診療につとめてまいりますので、よろしくお願いします。

  氏名 専門分野
部長 中谷 如希
(ナカタニ ナオキ)
整形外科一般
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
義肢装具等適合判定医
医長 山口 将則
(ヤマグチ マサノリ)
整形外科一般
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本骨粗鬆症学会認定医
医員 平 一裕
(ヒラ カズヒロ)
整形外科一般
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医