胃がん・各種がんのチェック|外科

文字サイズ

073-482-4521

※おかけ間違いにご注意ください

診療科・部門Information on departments and divisions

外科

お知らせ

  • 現在、お知らせはありません。

休診・代診情報を見る

概要

 当科は、和歌山県立医科大学第2外科の関連病院で、外科医師が3名常勤しております。日本外科学会外科専門医制度修練施設・日本消化器外科学会専門医制度関連施設・消化器病学会認定施設に認定されており、指導医・専門医が診療に従事しています。海南・海草郡を中心に多くの患者さまの病状に応じた最良の外科治療ができるように心がけおります。また、登録医の先生方との密な連携により地域医療に根ざした外科診療を目指しております。

診療内容

 当科では、手術を必要とする消化器疾患および乳腺疾患の患者さまの診療を行っています。とくに、胃がん、大腸がん、胆のう結石、ソケイヘルニア(脱腸)、虫垂炎(盲腸)、痔(いぼ痔、痔ろう)、および乳がんといった病気を専門に診療しております。

 消化器のがんについては、一般に食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆のうがん、膵臓がん等がありますが、当科では、胃がんおよび大腸がんの治療を主に行っています。2018年度の全国統計では、死亡数の多い疾患は、男性では、肺(1位)、胃(2位)、大腸(3位)、膵(4位)で、女性では、大腸(1位)、肺(2位)、膵(3位)、胃(4位)の順です。出来るだけ、検診を受けていただき、早期に癌を見つけることが、重要です。

 腹部外科の手術といえば、腹腔鏡を使った手術が増えています。当科でも胃がん、大腸がん、胆のう結石、鼠経ヘルニア、虫垂炎などの患者さまに腹腔鏡手術を積極的に行っています。腹腔鏡を使った手術は、おなかに小さな穴をいくつか開けることで、体への負担が少なく、手術後の回復が早いという利点があります。また、腹腔鏡で見ながら手術をすることで、拡大視効果により術野がより詳細に観察でき、きめ細かな手術ができる利点もあります。早期離床および早期退院が可能になってきています。ただ、すべてのがん患者様に行えるというわけではなく、かなり病状が進行した患者様や、内視鏡的に切除が難しい患者様に対しては、従来の開腹手術を行っております。

 また、女性でかかりやすい病気として、罹患率が1位の乳がんに対する治療に関しては、当科でも手術中に乳癌が最初に飛びやすいとされる腋(わき)のセンチネルリンパ節生検(ICG蛍光法)を行い、センチネルリンパ節転移が無ければ、不要な腋窩リンパ節郭清を省略することで、上腕のリンパ浮腫を出来るだけ避けることが出来ます。また、症例に応じて温存手術を施行しております。(乳房再建術は形成外科医がいないため、他院に紹介させていただいております。)

 がん患者さまの治療で重要な治療法として、抗がん剤治療があります。当科では、胃がん・大腸がんおよび乳がんなどの進行および再発患者さまに対し、がんの種類および病理結果に準じて、その病態に応じた抗がん剤を選択し個々の患者様に最適の化学療法を選択し治療を行っています。多くの患者さまは、外来通院で治療し、個々の副作用に注意しながら自宅で療養しながら、がんと共生しながら治療に専念しておられます。

 良性疾患として手術が必要な腹痛で困る病気としては、胆嚢結石・胆嚢炎・急性虫垂炎の患者様です。胆嚢炎がひどい患者様に対しては、経皮経肝的に胆のうドレナージ術(PTGBD)を行い、総胆管結石症例には、内視鏡的乳頭切開術(EST)を施行し、結石を内視鏡的に取り出した後、落ち着けば腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しております。急性虫垂炎の患者様に対しては、出来れば抗菌薬で炎症を沈めてから、待機的に腹腔鏡下虫垂切除術を行うようにしています。ただし、虫垂が破れて膿汁が広がっている場合は、緊急で腹腔鏡または開腹手術を行うことになります。

 最後に、検診として最近、大腸がんと並んで非常に増加している乳がんの診断および治療にも力をいれております。乳腺専門外来を毎週月曜日の午後に予約制で、また乳がん検診も平日午前中に予約制で行っています。また、2次検診では、必要な方に3Dマンモグラフィー装置(2020年2月導入)を用いた立体的な検診もできるようになっています。さらに、当科は、和歌山県立医科大学呼吸器乳腺外科および日赤和歌山医療センター乳腺外科の連携診療科として共同で乳がん患者さまを一緒に診療させていただいております。

当科がよく取り扱う対象疾患

胃がん、大腸がん、乳がん、胆嚢結石・総胆管結石、鼠径ヘルニア、痔核、虚血性大腸炎、結腸憩室炎、急性虫垂炎

診療実績

手術症例数
2015年2016年2017年2018年2019年
全身麻酔 105例 103例 134例 164例 152例
腰椎麻酔 50例 68例 41例 45例 31例
局所麻酔 25例 24例 24例 37例 36例
180例 195例 199例 246例 219例
疾患別手術件数
2015年2016年2017年2018年2019年
胃がん 17例 9例 5例 17例 7例
結腸がん 20例 11例 19例 16例 11例
直腸がん 11例 8例 6例 4例 11例
乳がん 5例 9例 14例 12例 6例
胆石・胆のう炎 21例 27例 42例 46例 42例
鼠径ヘルニア 52例 45例 40例 57例 53例
虫垂炎 4例 10例 10例 16例 17例
イレウス 8例 3例 8例 8例 6例
痔疾患 20例 35例 17例 16例 18例
結腸憩室炎 3例 1例 2例 - -
腹腔鏡手術(上記手術件数のうちの腹腔鏡手術数)
20152016201720182019

結腸

11例

4例

13例

15例

10例

直腸

2例

2例

3例

4例

9例

胆石・胆のう炎

15例

19例

40例

3例

35例

- - - 3例 3例

虫垂

-

1例

2例

7例

12例

鼠経ヘルニア

-

-

-

-

22例

外来診察日程表休診・代診情報を見る

横にスクロールしてご覧ください。

 
午前 落合【消化器】 予約診察 丸岡消化器】 予約診察 須崎【消化器】
須崎【消化器】 手術日 落合【消化器】 手術日 丸岡【消化器】
午後 落合【乳腺外来】
  • 予約されている方や紹介状のある方が優先となります。予約をされた方は予約時間にお越し下さい。早くお越しになっても、お待ちいただくことになります。
  • 紹介状をお持ちの方は、必ず事前に当院の地域連携室(TEL 073-483-8785)で予約をお願いします。
  • 表中の      は予約されている方のみの診察となります。
  • 内科の新患診担当医師は検査等の都合により変更となる場合があります。
  • 代診や休診の場合もございますので、ご了承ください。
  • ()は非常勤医師、赤色は女性医師です。
  • 予約の電話は、下記の時間帯でお電話にて受付しています。
    診察の予約:平日 14時~16時 / 健診の予約:平日 13時~17時
    海南医療センター 代表TEL 073-482-4521

医師紹介

氏名 役職 専門分野
落合 実
おちあい みのる
副院長 外科一般、消化器、乳腺

日本外科学会専門医・指導医

日本消化器外科学会専門医・指導医

日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医

日本消化器病学会専門医・指導医

日本消化器内視鏡学会専門医

マンモグラフィー読影認定医

近畿外科学会評議員

丸岡 慎平
まるおか しんぺい
医師 日本外科学会認定外科専門医

須崎 紀彦
すざき のりひこ
医師 日本外科学会認定外科専門医

受診について

医療センターでは、予約されている方や紹介状のある方が優先です。
また、予約された方は予約時間より前にお越しになっても、時間までお待ち願います。
※紹介状をお持ちの方は、必ず事前に院内の地域連携室でご予約ください。

診療科一覧へ戻る