現在表示しているページ
ホーム > 診療科のご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーションとは病気やケガなどにより、さまざまな障害を受けた方が、日常生活の自立を目指し家庭復帰・社会復帰できるように、諸機能の回復・維持・開発を促す治療・訓練・指導および支援していく医療のひとつをいい、理学療法・作業療法などがあります。

当院では、『自分で出来る・自分で動ける・自分で歩ける』を大切に考え、一つ一つのことが自分自身で行えるようになる事を目指してリハビリテーションを実施しています。その一環として、毎週、病棟カンファレンスを実施し、常に患者さまの状態を医師や看護師と共有できるよう心掛けています。がんのリハビリテーションについても研修を受講し、今まで以上に積極的に取り組んでいけるようになりました。

また、このほか、『排泄ケア』の支援についても心がけています。発症・受傷・術直後から早期離床と身体機能の維持・向上はもちろんのこと、「トイレは自分でしたい」という患者さまの自尊心を大切にするために、トイレ動作自立に向けての起居動作、移動・移乗動作の指導、環境設定を行っています。ご家族に対しても、介助方法や福祉用具導入、住宅改修についての相談やアドバイスも行っています。

対象疾患

運動器疾患

骨折・関節疾患・神経損傷・切断・慢性関節リウマチなど

脳血管疾患

脳梗塞・脳出血・パーキンソン病など

呼吸器疾患

慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支拡張症・間質性肺炎など

理学療法

理学療法には物理療法と運動療法があります。

物理療法

温熱治療・電気治療・牽引治療があり、主に運動療法の補助的に実施します。ホットパックによる温熱効果はよく知られておりますが、物理療法は痛みや筋肉の緊張緩和・血流促進などの目的で行います。当センターには超音波治療器・干渉低周波治療器・低周波治療器・極超短波治療器・頸椎牽引器・ホットパック・過流浴装置(上肢用、下肢用)などがあります。

運動療法

筋力・関節可動域・バランスなど身体機能の改善を図り、日常生活に必要な『起きる・座る・立ち上がる・歩く』といった基本動作の獲得に向けアプローチします。運動を通して本来持っている能力を最大限に引き出すことで以前の生活を可能な限り取り戻す事を目指します。

作業療法

さまざまな作業活動を通して、諸機能の回復・維持および開発を促す治療、訓練、指導および援助を行うリハビリテーションの方法です。 作業活動とは、食事・更衣・整容・排泄・入浴などの日常生活動作、仕事や家事・育児などの労働、勉学、趣味、遊び、創造活動など、人が人として生きていくために行うあらゆる活動を指します。作業療法士は、患者さまにあわせて作業活動を選択します。

施設基準

  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

スタッフ紹介

  氏名 専門分野
医長 山口 将則
(ヤマグチ マサノリ)
整形外科一般
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本体育協会公認スポーツドクター
理学療法士 8名
作業療法士 3名
言語聴覚士 1名