現在表示しているページ
ホーム > 診療科のご案内 > 検査科

検査科

当検査科では診療における全般的な検査業務を7名の臨床検査技師と、受付業務担当の事務員1名で行っています。
病気の診断・治療・予防に欠かせない大切なデータを、正確かつ迅速に医師に提供できるよう努力しています。

当検査科の基本方針

検査精度、技術の向上を目指し積極的に行動します。

特色

  1. 院内実施検査項目に関して、採血後一時間以内の報告を目指します。
  2. 異常値(パニック値)報告体制
    検査値が患者さまの生死に関わるような異常、もしくはデータが直ちに治療に直結する結果の場合は直ちに主治医に報告しています。
  3. 精度管理の実施
    他病院の検査データを比較する外部精度管理や内部精度管理、個々患者さまのデータによる異常値チェック、前回の値と比較する前回値チェックなどを実施した上で精度の高い検査データを提供しています。
  4. 検査関連情報の提供
    最新の検査項目や検査関連情報などを提供し情報発信しています。

検査の概要

検体検査とは

患者さまから採取された血液や尿、便、体液などを、顕微鏡で直接観察したり、いろいろな検査機器を用いて検査をしたりすることです。一般検査、血液検査、生化学検査、血清検査、輸血検査、細菌検査、病理検査、細胞診検査などが検体検査とされるものです。

生理検査とは

患者さまの体を使って、直接生体情報を検査することです。心電図、肺機能検査、脳波、超音波検査などが生理検査とされるものです。

検査各部門紹介

検体検査

一般検査

写真顕微鏡で見た尿中の赤血球と白血球

尿中の蛋白、糖、潜血の定性や定量検査を行います。尿を遠心分離し、顕微鏡で尿沈査を観察します。また、便、精液、髄液、胸水、腹水の検査も行っています。

血液検査

写真顕微鏡で見た血液中の赤血球と白血球と血小板

血液中の白血球、赤血球、血小板数を測定し貧血状態や炎症、血液凝固に関する検査を行っています。血液を染色し顕微鏡で形態を観察することにより、詳しい病態の把握をします。

生化学検査

写真

自動分析機器を用い、血液、尿、その他の体液検体から肝機能、腎機能、膵機能、心機能、炎症反応等の検査を、迅速かつ正確に測定しています。至急検査については、コンピュータを利用して各診療医にリアルタイムに報告しています。

血清学検査

写真

B型肝炎ウイルス抗原・抗体、C型肝炎ウイルス抗体などのウイルス検査及び、各種腫瘍マーカー、甲状腺ホルモンなどを測定しています。腫瘍マーカーの中には、前立腺がんの早期発見に役立っているPSA検査も含まれています。

輸血検査

写真

より安全に輸血を行う為に、血液型の確認や不規則抗体スクリーニング、交差適合試験を行っています。当院では自己血輸血にも対応しています。 また、輸血療法委員会の運営を行い、輸血マニュアルの作成や、輸血前後の感染症検査を実施するなど、安全に輸血が出来るよう努めています。

迅速キットによる検査

写真

患者さまから採取された尿、便、血液、鼻水やのどの奥の粘液などから、特定の菌・ウイルスの感染を調べる検査で、短い時間で結果がわかります。(検査室に検体が届いてから約20分程度で結果が出ます)
当院では、インフルエンザウイルス抗原、RSウイルス抗原、A群溶連菌、マイコプラズマ抗体、アデノウイルス抗原、肺炎球菌抗原、尿中レジオネラ抗原、便中ロタウィルス・アデノウィルス抗原、ノロウイルス抗原などを調べるキットを置いています。

お願い

外来患者さまで、採血結果がでるまで、予定時間以上にお待ち頂くことがあります。これは血液が固まるまでの時間や自動分析装置による分析時間、異常値の再検査などの時間です。正確なデータをお届けするため、ご理解ご協力お願い致します。

生理検査

心電図

写真

心臓は、全身に血液を循環させるためにポンプの働きをしています。その為に、拡張と収縮を繰り返して微弱な電流が発生しています。
心電図は、その電流の変化を波形として記録しています。病気によって波形の形やリズムが変わり、不整脈・心臓肥大・狭心症・心筋梗塞・ペースメーカーが正常に働いているかどうか、などがわかります。
測定にかかる時間は、数分程度で、胸と両手首・足首に電極をつけて検査します。
痛みは全くありませんのでリラックスして受けてください。

肺機能検査

写真

肺から出入りする空気の量を測って、肺の大きさを調べます。また、気道が狭くなっていないかどうかも調べます。
閉塞性換気障害(肺気腫・気管支喘息・慢性気管支炎など)や拘束性換気障害(肺線維症)の診断のための検査です。
鼻をクリップでつまみ、マウスピースを口にくわえて、思い切り吐いたり吸ったり、掛け声に合わせて呼吸してもらいます。肺機能検査は、患者さまの協力が必要です。
同じ事を数回繰り返して、一番信頼できる結果を主治医に報告しています。

ABI・TBI/PWV検査

写真

ABIは、両手両足4か所の血圧を同時に測定して血管の詰まり具合を調べます。TBIでは両足の親指の血圧も測定し、末梢血管の詰まりも調べています。
PWVは、同時に心臓から押し出された血液により生じた拍動が、手や足に届くまでの時間を調べて、血管の硬さを調べます。
測定時間は10~20分程度です。血圧を測るカフで加圧する時、個人差はありますが、多少圧迫感があります。

超音波骨密度

写真

骨密度を調べることにより、骨粗鬆症が分かります。
骨密度計に踵を置いて、超音波を当て、骨からはね返ってくる超音波を測定することによって密度を調べます。
測定時間は5分程度。痛みはありません。

神経伝導速度

写真

運動障害(動き難さ、脱力など)や、知覚障害(しびれ、感覚の鈍さなど)の原因を探るため、末梢神経の障害がないかを調べます。
調べる部位にシールのような電極を貼り、神経を電気刺激して、伝わる速さを計測します。
検査時間は30分前後です。電気刺激によるピリピリ感、痛みを感じますが、検査の間だけのもので、体に害はありません。

脳波

脳の活動状態を記録する検査です。脳細胞が活動しているとき、その状態に応じた脳波が記録され、脳の機能的な働きに問題があると、波が変化したり乱れたりします。
検査は、頭に小さな電極をたくさんつけて行います。つける時に糊のようなクリームを使用するので検査後は少し頭がベタつきますが、洗髪すると綺麗に取れます。検査は電極を付ける時間も含めて、1時間ほどかかります。検査中は軽く目を閉じて、リラックスして下さい。

超音波検査(エコー検査)

ヒトの耳には聞こえない高い周波数の音を発信機(プローブ)から体の表面にあてると、臓器や構造物に当たればはね返ってきます。そのはね返ってきた音を機械で分析してモニターに写して画像として観察します。
超音波検査は、痛みが無く、レントゲン検査のように、被爆の心配もありません。

腹部

写真

肝臓、胆のう、総胆管、すい臓、脾臓、腎臓などの臓器を主に、観察します。それらの臓器の大きさや、何かでき物ができていないかなどをみます。 検査前は食事を抜いてもらいます。検査時間は、20分程度です。
お腹に、エコーゼリーを塗ってプローブを置いて検査しますが、痛みはありませんので安心して検査を受けてください。呼吸を止めてもらったり、体位変換をして頂くこともあります。

心臓

写真

心臓の大きさ、動き、筋肉や弁、血流の流れを観察し、ポンプが正常に働いているかも調べます。
心不全・心筋梗塞・弁膜症・弁狭窄・心拡大・心肥大・先天性心奇形などがわかります。
検査時間は、20分程度です。
心臓を観察しやすくする為に、左を下にして横向きに寝てもらいます。
場合によって、息止めをしてもらうことがあります。

頸動脈

写真

脳に血液を送っている頸動脈(首の血管)を観察する検査です。血管の石灰化(血管が硬くなっていること)や血栓(プラーク)の有無を調べます。
検査時間は、20分程度です。首回りが大きく開けられる服で来て下さい。