現在表示しているページ
ホーム > 当院のご案内 > 沿革

沿革

昭和14年8月 海南診療所開設
昭和21年7月 一般病床20床となる
昭和21年8月 海南診療所から海南市民病院へ名称変更する
昭和25年6月 結核病棟新築8床、伝染病棟移転改築、計40床となる
昭和26年3月 結核病棟新築30床、計70床となる
昭和32年8月 総合病院として承認を受ける
診療科(内科、眼科、外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、皮膚泌尿器科)、一般病床72床、結核病床126床、伝染病床30床、計228床
昭和38年2月 新本館完成(鉄筋コンクリート4階建)、計274床
昭和39年4月 准看護師養成学校開校
昭和39年8月 救急病院として指定を受ける
昭和41年7月 北病棟完成(鉄筋コンクリート3階建増築)、計299床
昭和42年3月 南病棟完成(鉄筋コンクリート4階建増築)、計354床
昭和54年3月 准看護師養成学校休校
昭和55年4月 結核病棟(第5病棟)廃止、計292床
昭和56年3月 伝染病棟廃止、計262床
昭和58年6月 医療事務の一部を委託する
昭和61年10月 全身用CTを設置する
平成6年12月 新看護基準2:1の適用をうける
平成7年2月 海南市民病院将来構想検討委員会を設置
平成8年4月 受付・医療費請求事務の全面委託化
訪問看護ステーション設置
院内のリニューアル
結核患者がいなくなったため結核病棟を休床
一般病床212床、結核病床37床(休床)、計249床
平成8年5月 給食業務の委託化
平成12年4月 居宅介護支援事業を始める
平成12年11月 海南市民病院将来構想検討委員会が一般公募委員を含め新体制で再開
平成13年1月 海南市民病院将来構想検討委員会が意見書提出
平成15年4月 外来投薬の院外処方一部実施
平成15年8月 一般病床180床(稼働157床)、結核病床37床(休床)計217床
平成15年11月 院外処方の全面実施
平成16年2月 公営企業法全部適用、管理者設置
 一般病床180床(稼働137床)、結核病床37床(休床)計217床
平成16年11月 海南地域連携室設置
平成16年11月 マルチスライスCT導入
平成17年2月  マンモグラフィ導入
平成17年3月 結核病床(37床)廃止
平成19年3月 一般病床167床(稼働137床)
平成21年2月 海南市民病院基本構想策定
平成23年3月 移転新築工事着手
平成23年4月 一般病床150床(稼動137床)
平成24年10月 新病院建設本体工事完成
平成25年3月1日 海南医療センターに名称を変更し開院