現在表示しているページ
ホーム > 当院のご案内 > ごあいさつ

ごあいさつ

院長のごあいさつ

海南市民病院院長 山田 陽一

海南医療センターは病床数150床の海南市の中核総合病院です。病院運営の基本理念である「博愛と信頼」を体現し、地域住民の健康と生命を守るという使命を果たしたいとの思いで職員一同、日常診療に意欲的に取り組んでいます。

今後の医療の方向性を考えると医療センターの果たすべき役割として大きく二つあると考えます。

一つは、医療の高度化やニーズの多様化に対応する医療の技術と設備の整った急性期医療を行う本来の病院機能の充実させることであります。

また、もう一つは、急速に進んでいる高齢社会に適した医療環境の整備をめざして、地域の医療機関と連携した療養医療、在宅医療さらには介護まで包括した地域医療ネットワークを構築するとともに、その中心機能を持つ病院となることであります。私たちはこの二つの役割を果たすため、職員一丸となって日々努めてまいりたいと考えています。

そのためには地域住民の皆さまとの交流は当然必要でありますが、市当局、保健所、医師会等とのさらなる緊密な連携が必要となってまいります。 今後の海南医療センターの活動にご支援、ご協力をよろしくお願いします。

院長 山田 陽一